ホーム > 製品情報 > アバントUV シリーズ

アバントUV シリーズ

高性能UV印刷用インキングローラー材質

主な特長

1.インキ転移性の向上

従来のUVインキローラーと比較し、大幅な弾性の改善により、UVインキの練り効率の向上と良好なインキ転移性が得られ、高品質な印刷が可能になります。
※ベタ印刷部分25倍拡大写真

アバントUV 従来品 他社品

インキ転移性試験(当社転移試験機)において、アバントUVは白抜けがなく、良好なインキ転移性を示しますので高品質な印刷が可能です。

2.ローラー劣化を大幅改善

印刷時のゴムローラーの発熱性が小さく、高速、長時間運転における樹脂ローラー特有のローラー硬度の低下や粘着発生が抑えられ、さらに長期間安定してご使用頂けます。

アバントUVは、強制加水分解試験(50℃)で、従来品と比較して経時変化は極めて小さいです。

アバントUVは、動的発熱性試験で、従来品と比較して発熱量は極めて小さいです。

3.優れたローラー洗浄性

従来の樹脂ローラーと比べて、洗浄剤への優れた耐性があり、またローラー上のインキ洗浄性を高めた設計になっており、短時間でのローラー洗浄が可能です。

アバントUV   アバントUV

インキ巻き付け後に洗浄
使用前状態   ほとんど残らない

アバントUVはインキ洗浄性が非常に優れています。

従来品   従来品

インキ巻き付け後に洗浄
使用前状態   インキ残り大

4.UVインキの機上安定性

UV印刷を念頭において設計しており、ローラー上でのUVインキのしまり性を大幅に改善し、さらにUVインキの硬化阻害が無いので、シャープなインキ硬化により、印刷障害を起こしません。

5.ニップ幅の安定

UVインキに対する耐性を高めたので、UVインキによるローラー変化が非常に小さく、またニップ幅変化が少なく、長期間安定してご使用頂けます。

6.ならし運転が不要

新品ローラーの使用時やUV印刷と油性印刷の切り替え時のローラーのならし運転がほとんどの場合不要であり、洗浄後すぐに印刷に取りかかれます。

※用途:オフセット印刷、シール・ラベル印刷、ビジネスフォーム印刷、金属印刷、etc
※種類:ゴム硬さ 15°・20°・25°・30°・35°・40°・50°・55°・60°(ショアA)
※色調:ライトブルー

ゴムローラーのメンテナンスについて

  1. 市販の油性インキ用もしくはUVインキ用洗浄剤にて洗浄してください。
    UVインキには弊社「ニューUV・クリーナーII」及び「ロイヤルクリーンUVプラス」のご使用をお勧め致します。
  2. 最低1日1回洗浄してください。
新製品情報
ゴムローラー基礎知識
KATSURAの静電気対策
テープレス巻取りローラー

株式会社 加貫ローラ製作所

〒544-0005
大阪市生野区中川5-3-13
TEL(06)6751-1121
FAX(06)6754-4400