ホーム > 製品情報 > ΣSOY シリーズ

ΣSOY シリーズ

大豆油インキ用オフセット印刷ゴムローラーの決定版!

はじめに

大豆油インキは、通常の鉱物油系インキに比べ、ゴムローラーの経時変化(硬さの上昇、 直径の減少)が大きく、ニップ調整の頻度が多くなり、また寿命が短くなります。
今回、弊社にて開発致しました大豆油インキ対応材質 ΣSOYシリーズ は、これらの欠点を改善し、従来インキと同じ感覚で御使用頂ける様に設計しております。

ΣSOYの主な特長

  1. 大豆油インキ用として開発致しましたので、従来の材質と比較して、大豆油インキに対する抵抗性が高く、ゴムローラーの経時変化が非常に小さい。
  2. ゴムローラー表面の硬度上昇が少なく、グレーズ現象が起りにくい。
  3. 物理的性質が優れているので、オフセット輪転印刷機の呼出ローラーなどにご使用頂いても表面のむしれ(ササクレ)などが発生しにくい。
  4. 内部(動的)発熱が非常に小さいので、高速印刷時のニップ幅変化が小さく、安定したインキ転移を確保できます。
  5. 枚葉印刷、オフ輪印刷のどちらにも御使用頂けますが、特にオフ輪印刷では顕著な効果を発揮します。

※種類:ゴム硬さ 25°・30°・35°・40°(ショアA)
※色調:オレンジ

大豆油インキに対する抵抗性

<試験方法>試験片を5グラムブロックに調整し、大豆油インキに浸漬させ、一定日毎に重量測定を行った。

各材質の大豆油インキに対する抵抗力

その他の特性

(ゴムローラー直径変化とニップ幅の関係より)

ゴムローラー直径変化とニップ幅の関係

ゴムローラーのメンテナンスについて

  1. 灯油など脂肪族系溶剤、または市販洗浄剤にて洗浄してください。
    (弊社「ロイヤルクリーンUVプラス」もしくは「ニューロイヤルクリーン」を併用して頂くとさらに、ゴムローラーの寿命が長くなります。)
  2. 最低1日1回洗浄してください。
    ※MEKなどの極性溶剤または、トリクレンなどの塩素系溶剤で洗浄しないでください。
新製品情報
ゴムローラー基礎知識
KATSURAの静電気対策
テープレス巻取りローラー

株式会社 加貫ローラ製作所

〒544-0005
大阪市生野区中川5-3-13
TEL(06)6751-1121
FAX(06)6754-4400